自計化のすすめ

自計化のメリット

リアルタイムで自社の業績を把握することができます!

記帳を会計事務所に依頼している場合には、業績を把握するまでにどうしても時間がかかってしまいますが、自計化することでリアルタイムな業績把握ができます。また、年間推移や前期比較などの分析も簡単に見ることができるようになります。社長ご自身が入力する場合には、回収が遅れている売掛金や無駄な経費なども見つけやすくなります。
現在の会社の状態をリアルタイムで把握することで、今後の対策や計画なども立てやすくなります。

作業の効率化が可能に!

帳簿を手書きで集計している方は残高の計算や転記(現金出納帳と売上管理帳など)の必要がなくなり、作業の効率化に繋がります。また、紙のように無くすこともありません。
エクセルで帳簿を作っている方は、日付や金額、取引内容など、会計ソフトに入力する情報と今使用しているエクセルの情報はあまり変わらないと思います。
会計ソフトには、検索やメモなど便利な機能がたくさんあり、調べ物や管理が簡単になります。作業量が多くなるだけでは本末転倒です。自計化により無駄を省き、効率的に作業を行えるようにサポート致しますので、同じ入力をするのなら会計ソフトに入力して自計化してみてはいかがでしょうか?

 

自分でできるか不安な方へ

簿記や会計の知識がなくてもできる?

文字の入力などパソコンの基本的な知識があれば入力することができます。もちろん会計ソフトの基本的な使い方は覚えて頂く必要がありますが、初期設定や便利な機能の使い方など、会計ソフトを使いこなして頂けるようにサポート致します。   

どのソフトを使えば良い?

できるだけ安いソフトが良い、自分で使ってみて使いやすいソフトが良い、会社のパソコンはWindowsではなくMacだけど・・・など会社の目的や予算にあった会計ソフトをご紹介します。

 

会計ソフトのご紹介

会計ソフトには大きく分けて「インストール型」と「クラウド型」の2種類があります。

インストール型

インストール型はパソコンにソフトを入れて使用するため、インストールしてしまえばネットに繋がっていなくても使用できます。また、買い切りのため月額や年額などで料金はかかりませんが、消費税率が変更されるなどの改正があった場合には、買い直したり、お金を払いバージョンアップする必要があります。

クラウド型

クラウド型はネット上(クラウド)で使用するため、ネット環境があればどこからでも使えることが大きなメリットです。また、ネットバンキングなどと連携すると自動で入力できる機能などがあります。クラウド型は買い切りではないため、月額や年額で利用料がかかります。

 

インストール型とクラウド型の比較

  インストール型 クラウド型
ネット環境 不要
ただし、基本的にインストールしたパソコン以外では使用できない。

必要
ネット環境があればどこからでも使用可能。
Windows、Macは関係なし。
動作が遅いなど、ネット環境に影響されやすい部分もある。

バージョンアップ 必要
都度お金がかかる。
不要
バックアップ 基本的にパソコンへのバックアップのため、パソコンが壊れた場合、
使えなくなる可能性もある。
ネット上にバックアップがあるため、パソコンが壊れてもデータに影響はない。
料金 基本的に買い切り。 毎月(毎年)利用料がかかる。

 

各会計ソフトのご紹介

弥生会計はこちら

フリーウェイ経理はこちら

freeeはこちら