Q3.専任技術者とは?

『専任技術者』とは、その営業所に常勤して専らその業務に従事する者をいいます。建設業許可を受けて営業しようとする場合、その営業所ごとに必ず1人の専任技術者を置かなければなりません。

特定建設業の『専任技術者』については、下請業者保護のため要件が厳しくなっています。また、特定建設業のうち「指定建設業」と呼ばれる7業種についてはさらに要件が厳しくなります。

『専任技術者』は次の表の要件のいずれかに該当する者になります。

一般建設業 高校の所定学科卒業後5年以上の実務経験を有する者
大学の所定学科卒業後3年以上の実務経験を有する者
10年以上の実務経験を有する者
許可を受けようとする業種について一定の資格を有する者
イ・ロと同等以上の知識・技術・技能が認められる者

 

特定建設業 許可を受けようとする業種について一定の資格を有する者
一般建設業のイ~ハのいずれかに該当し、かつ、元請として4,500万円以上の工事について2年以上「指導監督的な実務経験」を有する者
国土交通大臣がイ又はロと同等以上の能力を有すると認めた者
指定建設業についてはイ又はハに該当する者であること

 

※ 指定建設業
土木工事業、建築工事業、電気工事業、管工事業、鋼構造物工事業、ほ装工事業、造園工事業