~雨の日の靴のお手入れ~(2019年6月号)

 もうすぐ梅雨の季節。傘を差していても、靴は濡れてしまいます。そのままにしておくと、型崩れやシミ、カビの原因に
なってしまいます。今回は、濡れてしまった靴のお手入れについてご紹介します。
 
天然皮革
 革に水分が染み込むとシミになってしまいます。湿らせた布で丁寧に拭き、日蔭でしっかり乾かしましょう。
ドライヤーで
乾かすと革が縮んでしまうのでやめておきましょう。

合成皮革
 乾いた布でサッと拭き、日蔭で乾かしましょう。ドライヤーの使用はひかえましょう。

スニーカー
 乾いた布でサッと拭き、丸めた新聞紙を靴の中に詰め、2・3回取り替えてしっかり水気や湿気を取り除きましょう。

靴の保管方法
 汚れをきれいに落とし、高温多湿な場所は避け、できればシューキーパーを使用し保管しましょう。
長期間保管する場合は、
時々出して、風通しの良い場所で陰干ししてあげましょう。

 梅雨入り前の対策として、防水スプレーを吹き掛けてなじませておいてあげると効果的だそうです。
また、1足だけを毎日
履くのではなく、何足かを交互に履き、靴にもお休みを与えることで長持ちさせる
ことができるそうです。
しっかりお手入れして、お気に入りの靴を長く履きたいですね。
※汚れやカビがひどい場合は、専門店にご相談ください。