~生活に密着した指数情報~(2018年10月号)

 天気予報などでよく◯◯指数という言葉を耳にします。
日本気象協会が天気や気温、湿度など膨大な気象データより算出したもので、
生活に密着した様々な事柄にどれだけ適しているかを表した数値です。
通年では、洗濯・服装・お出かけ・星座・傘・紫外線・体感温度・洗車・レジャー・のど飴・シミリバウンドなどの指数があります。
また、夏季(4月~9月)、冬季(10月~3月)の期間限定で掲載されるものもあります。
今月は、生活に役立つ指数情報についていくつかご紹介します。

お出掛け指数
 屋外へのお出掛けに適しているかどうか、天気などの要素から求めた指数です。
 数値が高いほど、日和がいい予想となっています。 
 数値0~20ではインドアをのんびり楽しみ、30~40では傘を忘れずにお出かけしましょう。

星座指数
 
その日の夜空が天体観測に適しているかを表す指数です。
 天気や月の満ち欠けを考慮して計算しています。数値が高いほど、星空が綺麗に見える可能性が高くなっています。

◆洗車指数
 数値が大きいほど洗車日和となっています。                                                        
 せっかく洗車してもすぐに雨ではがっかりしてしまいます。
 数値が小さい場合は雨が降りやすいので洗車は見送り、指数が高い日が続いている日に
 洗車しましょう。80以上であれば、ワックスも忘れずに。                     

  その他夏季限定のビール指数(ビールが飲みたくなる度合い)、アイス指数(数値によって食べたくなるアイスの種類の表記もあります)、
 冬季限定の肌荒れ指数(素肌の乾燥のしやすさ)、鍋物指数(鍋物が美味しく食べられる度合い)、風邪ひき指数(風のひきやすさ)等もあります。
 何れも天気や気温などのデータ、気象条件から計算しており、数値が大きいほど適していると言えますが、
 数値が小さくてもオススメしていないわけではありません。

  詳しい地域別の数値は日本気象協会のホームページでも発表されています。
 明日のお出掛け前に、お天気と共にご自分の生活に密着した指数をチェックし活用してみてはいかがでしょうか。