~春の紫外線対策~(2018年4月号)

 寒さも和らぎ、春の陽気に誘われてお出掛けする機会が増える季節になりました。うららかな春の日差しは、夏と比べるとまだ弱いように感じるかもしれませんが、3~4月頃から紫外線量は増え始めます。紫外線は日焼けやシミ・シワの肌トラブルの他に、皮膚ガンや白内障などの原因になるなど、身体に大きなダメージを与えるものです。今回は、今日からすぐにできる紫外線対策をいくつかご紹介します。

 

◆日焼け止めを塗る
 一度塗ったからと安心せずに、こまめに塗り直すことがポイントです。また、髪や頭皮も忘れずに。スプレータイプのものを使うと便利です。                  

日傘・帽子・手袋を身につける
 日傘は、地面に反射した光を浴びないように柄の部分を短く持つようにしましょう。また、車での移動中は紫外線にさらされやすいので、手袋と日焼け止めを併用するのが効果的です。

◆サングラスやメガネをかける
 UVカット加工が施されたサングラスやメガネをかける。色の濃いサングラスは瞳孔が大きく開いてしまい、紫外線を吸収してしまうので避けましょう。

※忘れていませんか?首周りの紫外線対策
 日焼け止め+夏用のストールやスカーフを使って、オシャレを楽しみながら日焼けを防止してみてはいかがでしょうか。

 ぽかぽか陽気につい油断して忘れてしまいがちな春の紫外線対策。日々のちょっとしたケアで、ダメージを最小限にすることができます。しっかり対策をして、お出掛けを思いっきり楽しんで下さいね♪