~温活のすすめ~(2018年1月号)

 手や足が冷たくなり、身体の芯から冷える・・・寒いのが苦手な方にとっては、一番辛い季節ですよね。この時期になると、気になるのが「温活」。冷え性で悩む女性だけではなく、男性にとってもメリットがあります。

今回から3回に亘り、寒い冬を快適に過ごすために「温活」をご紹介します。

 

◆「温活」とは

 健康を維持する為に、体を冷やさないようにすると共に身体を芯から温め、基礎体温を適正な体温(理想体温は36.5℃~37.0℃)まで上げる活動のことを言います。

身体を温めると基礎代謝が上がり、それにより様々な不調を解消し、本来の健康な体を取り戻すことに繋がります。

◆ 身体を温めるとどのような良い効果があるの?

 ①冷え性の改善

  冷え性の人は内蔵が冷えていることで、その結果血流が悪くなっています。

  温活で血流を良くすると、冷え性以外に肩こりや頭痛などの改善につながります。

 ②ダイエット効果

  身体の冷えにより内臓の機能が低下すると、基礎代謝が悪くなり太りやすくなります。

  温活とダイエットを並行すると、ダイエット効果が望めます。

 ③不眠症の改善

  身体の血流が良くなると、頭部に繋がる血管の血流も改善されますので、頭の血流も良くなり、

  自律神経が整い、入眠や睡眠の質の向上が期待できます。

◆ 寒い冬こそ実践したい「温活」

 身体を中から温めるということは、暖房器具に頼ることではありません。基礎代謝を上げるための身体の温め方は、身体を【外側から温める】【内臓を温める】という2つのアプローチがあります。

この2つのアプローチについては、次回以降でご紹介します。お楽しみに!